「 債務整理アドバイザー 」一覧

債務整理で行われる過払い金の請求とは?

CMでもよく聞くようになった「過払い金の請求」は、一言で言えばお金が返ってくる制度のことです。

債務整理をする時には、どのような方法を用いて整理するかに関わらず、必ず過払い金があるかどうかの確認がなされます。

もし確認して払いすぎたお金があるということが分かれば、自己破産をせずに任意整理で済むということになるかもしれません。

そのため、過払い金を確認することは、非常に重要な債務整理のポイントだと言えます。

過払い金は、利息制限法と出資法という二つの法律の存在によって発生したお金です。

利息制限法という法律では、最高でも20%の利息が適用されると定められています。

その一方で、出資法によると、29.2%という利息制限法の上限利息よりもかなり高い利息が適用されることになります。

続きを読む


債務整理で慰謝料は免除になる?

債務整理の一つである自己破産は、借金をなくすことができるというメリットを持っています。

自己破産では、裁判所が免責を認めたものについては債務を支払わなくて良くなります。

つまり、免責が受けられなければ、それについては支払いを免れることができないということです。

貸金業者などに対する借金は全て免責されるため、返済するという債務を負う必要はなくなります。

しかし、例えば交通事故や不貞行為による慰謝料のように、免責されない場合がある債務もあるのです。
続きを読む


債務整理後はいつからローン組めるの?

債務整理をしたら、それについての情報がブラックリストに登録されて、一定期間は保存され続けることになります。

保有する信用情報機関や債務整理の手続きにもよりますが、5〜10年の間はブラックリストに載り続けます。

多額の借金から債務整理をすることによって抜け出したとしても、それで全てが終わったということにはならないということです。

続きを読む


債務整理は一括返済出来る?

債務整理の方法は、借金を減らしてから残りを返済する方法と、全ての借金をなくしてしまう方法に分けられます。

自己破産であれば借金をなくすることができますが、その代わりに自分の財産を手放さなければならないなどのデメリットがあるのが特徴です。

続きを読む


債務整理って安心?

借金を抱えて困っている人の中には、債務整理が気になるけれども、本当にするのが良いのだろうかと不安に思っている人もいると思います。

借金を整理することができると言っても、本当に安心して良いものかと疑問に思うのは当然のことです。

しかし、債務整理は法律で定められている借金の整理方法なので、そこまで不安に思う必要はありません。

続きを読む


債務整理してもアパート借りれる?

生活するためには、お金だけでなく安心して暮らせる住宅があることも必要です。

持家でない人はアパートなどを借りて生活することになりますが、債務整理をした人の中でアパートが借りられなかったという声を聞くことがあります。

続きを読む


債務整理の弁護士の選び方

借金を債務整理によって整理しようと思った時には、法律家を頼らずに自分の力で債務整理をすることができます。
債務整理は、必ずしも法律家の力を借りなければできないというものではないのです。

しかし、債務整理を行う上では、早く確実に借金を減らすことが重要視されます。

個人で債務整理をしようとすると、手続きが難しくて困ることが考えられますし、任意整理の交渉なども上手くいかないことがあるのです。

そのため、債務整理をするのであれば、なるべく弁護士の力を借りるようにすることをお勧めします。

続きを読む


債務整理のブラックリスト期間

・事故情報には保有期間がある

債務整理をすると、そのことが事故情報として「信用情報機関」という所に登録され、数年間保存されることになります。

これが「ブラックリストに載る」ということですが、ブラックリストに載ってもその情報が知り合いや家族に知れ渡るわけではありません。

そのため、普通に生活をしていても、ブラックリストに載っているかどうかは分からないのです。

しかし、生活の中でブラックリストが問題になる場面があります。

それは、債務整理をした後にクレジットカードを作ろうとしたり、新規の借り入れを行ったりしようとした場合です。

このような場面では、必ず審査でブラックリストに載っていないかが確認されます。

もし情報が載っていれば審査に通りませんが、一度ブラックリストに載ったからといって今後一切の審査が通らないというわけではありません。

審査に通らないのは、事故情報が保存されている一定期間の間だけの話です。

 

・3つの機関によって保有期間は違う

事故情報を保存しているのは「信用情報機関」という所で、JICC、CIC、KSCという3つの機関があります。

債務整理をする際には、どのような形で借金を整理したいのかで選択する方法が変わります。

ブラックリストに載る期間で選択する人はいないと思いますが、選ぶ方法によっては保有期間が長くなることもあることを覚えておきましょう。

ここでは、債務整理の方法の中から、任意整理・民事再生・自己破産の3つに絞って紹介します。

まず、任意整理については、JICCとKSCが5年の保有期間となっており、CICは情報が載らないとなっています。

任意整理の情報は、金融機関によって登録されるタイミングに違いがあるのが特徴です。

JICCであれば、受任通知が送られてから和解が成立するまでの間に登録されることになり、登録から5年を計算するということになります。

KSCの5年間の保有というのは、「任意整理」という区分ではなく「代位弁済」としての登録です。

任意整理の通知を受けた銀行は、保証会社から代位弁済を受けることがあるのですが、その情報が保有されるというわけです。

次に、民事再生については、JICCが5年、KSCが10年、CICは任意整理と同じく情報が載らないとされています。

そして、最後に自己破産の保有期間ですが、JICCとCICが5年、KSCが10年となっています。

これまでの解説から分かる通り、JICCは全て5年間の保有期間となっていますが、その一方で、KSCは5〜10年と幅が広く、CICは自己破産以外は情報が載らないのが特徴です。