「 債務整理アドバイザー 」一覧

債務整理にはどれくらいの期間が必要なの?

債務整理で借金を整理すると、今後の自分の負担を軽くすることができます。

しかし、それは債務整理の手続きをしたら、すぐに負担が軽くなるということではありません。

手続きを始めてから借金の整理が終わるまでの間は、どうしても時間がかかってしまいます。

また、自己破産を選択するのでなければ、借金を返済するのにも時間がかかることになります。

債務整理の手続きを始めてから手続き終了や返済終了までには、どれくらいの期間を有することになるのでしょうか。

続きを読む


債務整理後の返済が終わると完済証明書は送られてくるの?

債務整理をする時に任意整理や個人再生、特定調停を選ぶと、借金は減額という形になるので返済する必要があります。

しかし、その一方で自己破産だと全ての借金がなくなるので、債務整理後の返済は問題になりません。

選択する方法によって完済までの期間は様々ですが、大体3〜5年をかけて返済することになります。

3〜5年というと、長く感じる人もいるのではないでしょうか。

しかし、元の借金の額を返済するわけではありませんし、減額した借金を無理のない範囲で返済していくことになるので、そこまで深刻に考えすぎる必要はないでしょう。

それよりも、完済したことによって、同居する家族に債務整理をしたことがばれるのではないかという心配の方が大きいかもしれません。

続きを読む


奨学金の返還で困ったら債務整理はできるのか?

親の収入が少なく、奨学金を借りながら大学へ行っているという学生も多くなってきています。

奨学金を借りることができれば学費などの自己負担を少し軽くすることができますが、その代わりに、将来に渡って借金を背負うということにもなってしまいます。

学生の時から背負うことになった奨学金は、卒業後の生活を苦しめるかもしれません。

もしすぐに就職できなかったり、就職しても収入が少なかったりしたら、返済が困難になってしまうのです。

奨学金も借金ですから、他の借金と同様に債務整理をして救済してもらうことができます。

しかし、普通の借金に比べると、簡単には行かないのが奨学金の特徴です。

ここでは、奨学金を借りている時の債務整理について、いくつかの方法に絞って解説していきます。

続きを読む


債務整理にはどんな種類があるの?

借金を抱えて困っている人は、返済が難しいという悩みを抱えている部分は同じでも、人によってその額や返済能力などで違いがあります。

そのため、債務整理をすることになったとしても、その解決方法は人によって変わってくるのです。

債務整理は、全部で5つの方法から選んですることができます。

どうやって借金を整理したいのかをよく考えることで、自分に合った方法を選択することができます。

ここでは、5つの債務整理の方法を順に紹介していきます。

続きを読む


債務整理は再度することができるの?

過去に債務整理をしたことがあるという人は、債務整理後の生活では借金で困ることのないようにと気を付けていると思います。

しかし、今は大丈夫でも、数年後には生活状況が変わって再び多重債務に陥ってしまうということもあるかもしれません。

もし再び借金をするなどして返済に困ることがあれば、二度目の債務整理をすることはできるのでしょうか。

続きを読む


債務整理で給料が差し押さえられるケースとは?

裁判所からの督促状などが送られてきた場合は、それを無視して支払いをしなければ財産が差し押さえられてしまいます。

この差し押さえは、債務整理をする場合でも発生することがあります。

それは、債務整理前に起こる可能性がありますし、民事再生や自己破産の時に問題になることもあります。

差し押さえは、しっかりと借金を返済することができていれば起こるはずがないものです。

きちんと返済できている間は良いですが、もし思うように返済できなくなった時には、差し押さえられる可能性があることを覚えておきましょう。

ここでは、差し押さえとは何なのか、債務整理においてどのようなケースで差し押さえが発生することになるかについて、順に解説していきます。

続きを読む


債務整理中であってもクレジットカードが作れた人がいるって本当?

債務整理をしてしまうと、ブラックリストにその情報が載ることになります。

ブラックリストは普段の生活や仕事には影響がありませんが、クレジットカードを使いたいという人には大きな影響があります。

選択する債務整理の方法によって変わりますが、5〜10年の間はブラックリストに事故情報が登録された状態になります。

クレジットカードを作ったことがある人は分かると思いますが、新規申し込みの際には必ず審査に通らなければなりません。

この審査では、ブラックリストに情報が登録されていないか等が確認され、通らなければカードを作ることができなくなります。

続きを読む


債務整理の際売掛金は財産扱いになるか

借金を抱えている人は会社員や主婦だけでなく、個人事業主や自営業者なども含まれます。

個人事業主や自営業者は、会社員に比べると収入のシステムが違ってきます。

また、借金の金額も大きく違うこともあるので、債務整理をする際には注意しなければなりません。

個人事業主・自営業者が債務整理をする際には、「売掛金」が大きな問題になります。

続きを読む


司法書士にも債務整理を依頼できるの?

債務整理をしようと決めた時には、様々なことで悩むかと思います。

例えば、債務整理の方法の中で、自分に合った方法はどれなのかということや、本当に債務整理をして良いのかなどです。

このような悩みや疑問は多くの人が持つと思いますが、中にはその他にも「弁護士と司法書士のどちらに依頼すれば良いのか」で悩む人もいるのではないでしょうか。

ここでは、債務整理を司法書士に依頼することについて見ていきます。

続きを読む


これ以上の返済が無理な人のための自己破産とは?

もし借金を減額すれば返済可能だというのであれば、任意整理などの方法で債務整理をすることができます。

しかし、減額したとしてもその借金を返済するのが難しいという人は、自己破産を選択するという方法が挙げられます。

自己破産と聞くとあまり良いイメージを持っていない人が多いかもしれませんが、メリットもあるため、イメージだけで選ばないようにしましょう。

続きを読む