債務整理ができる金額は決まってるの?

債務整理をしている人の借金の総額は、その人によって様々です。

数百万の人もいれば、数千万という莫大な借金を背負っている人もいます。

借金を背負っている人にとって、自分が債務整理をすることができるのかは非常に大きな問題になります。

・利用できる最低額は決まっていない

利用できるかどうかに関しては、借金の金額は一切関係ありません。

つまり、いくら以上の借金を抱えていないと利用できないということではないということです。

なぜこのようになっているかというと、人によって借金の総額だけでなく、収入や生活の状況などが変わってくるからです。

数百万の借金があったとして、それを負っている人が余裕で返済できるだけの収入を得ていれば、債務整理をしなくても借金の返済ができるだろうと考えられます。

しかし、同じ借金の総額でも、毎月の収入が少なく、生活費を引くと返済ができないという状態の人もいます。

そのような人はこのままでは借金を完済できないでしょうから、状況に応じて債務整理を選択して利用することになると思います。

以上から分かるように、債務整理ができるかどうかは、収入に対して支払いが追い付くかどうかで判断することになるのです。

・どんな時にどの方法を選択するか

借金の総額は債務整理できるかに関係ないということでしたが、だからと言って、全員が全ての方法を選択できるということにはなりません。

債務整理は、選択する方法によって借金を減らすのか消すのかという大きな違いがあります。

まず、借金の総額が少なく、少しでも減らせるのであれば返済できるという状態であれば、任意整理を選択することになるでしょう。

しかし、任意整理をしたとしても、収入の状況などから返済が難しいという場合も考えられます。

そのような場合は、任意整理よりも借金の減額幅が大きい個人再生を利用するという方法もあります。

任意整理と個人再生で悩んでいる人は、借金の減額できる額の他にも、住宅ローンがあるかどうかにも注目すると良さそうです。

個人再生では、住宅ローンが残っている人でもマイホームを手放さずに整理することができます。

そのため、マイホームや住宅ローンの有無は、判断に大きな影響を与えるのです。

では、任意整理や個人再生をしても、残りの借金を返済できないという人はどうすれば良いのでしょうか。

この場合は、自己破産をして借金を帳消しにしてしまうという方法を取ることになります。

マイホームがあればそれは手放さなければなりませんが、今後も返済で悩むよりは、全ての借金を消してしまった方が楽になります。

債務整理の方法を選ぶ時には、その方法を選んだ時に自分が返済していけるかどうかに着目するようにしましょう。