債務整理後の返済が終わると完済証明書は送られてくるの?

債務整理をする時に任意整理や個人再生、特定調停を選ぶと、借金は減額という形になるので返済する必要があります。

しかし、その一方で自己破産だと全ての借金がなくなるので、債務整理後の返済は問題になりません。

選択する方法によって完済までの期間は様々ですが、大体3〜5年をかけて返済することになります。

3〜5年というと、長く感じる人もいるのではないでしょうか。

しかし、元の借金の額を返済するわけではありませんし、減額した借金を無理のない範囲で返済していくことになるので、そこまで深刻に考えすぎる必要はないでしょう。

それよりも、完済したことによって、同居する家族に債務整理をしたことがばれるのではないかという心配の方が大きいかもしれません。

・送付によって家族にばれる恐れがある

債務整理後、予定通りに完済できた場合には、完済証明書が送られてくることがあります。

そのため、完済証明書の送付によって、家族が債務整理をしていた事実を知る可能性が出てくるのです。

任意整理を弁護士に依頼すると、債権者である貸金業者からの取り立てや連絡は弁護士の方に行くようになります。

つまり、家には連絡が行かなくなるので、家族に知られずに任意整理をすることができるというわけです。

このような理由から安心して任意整理をしていたはずなのに、完済したことでばれることがあっては、周りに知られたくない人は任意整理を利用できなくなってしまいます。

どうにかして完済証明書の送付を阻止することはできないのでしょうか。

・自分の希望を伝えるようにしよう

完済証明書は、必ずしも全ての業者が自動的に送付するというものではありません。

任意整理を行った業者によっては、自動的に送付がされないこともあるということです。

先程も書いたように、人によっては完済証明書のせいで家族にばれることがないようにしたいと考えています。

しかし、その一方で、完済証明書の送付によって完済したことを目に見える状態にしておきたい人や、送られてくることによって気持ちに区切りを付けたいという人もいるのです。

大手の消費者金融であれば、契約時に作成した契約書に完済印を押して送ってくることがあります。

ですが、そのような契約書がない信販会社などは、こちらから伝えて初めて送付してくれるということもあるのです。

そのため、完済証明書の送付の必要がないという場合であれば、依頼している弁護士や貸金業者にいらない旨を伝えるようにしましょう。

また、送付して欲しい場合であっても、きちんとその旨を伝えることで、完済したのに届かないというトラブルを防ぐことができます。