債務整理中であってもクレジットカードが作れた人がいるって本当?

債務整理をしてしまうと、ブラックリストにその情報が載ることになります。

ブラックリストは普段の生活や仕事には影響がありませんが、クレジットカードを使いたいという人には大きな影響があります。

選択する債務整理の方法によって変わりますが、5〜10年の間はブラックリストに事故情報が登録された状態になります。

クレジットカードを作ったことがある人は分かると思いますが、新規申し込みの際には必ず審査に通らなければなりません。

この審査では、ブラックリストに情報が登録されていないか等が確認され、通らなければカードを作ることができなくなります。

・債務整理をしてすぐはカードが作れない

ブラックリストに載っているということは、債務整理であれば借金を返せなかったということを意味します。

つまり、クレジットカード会社からすると、カードを発行するのは危険だということです。

そのため、ブラックリスト掲載期間が経過するまでは、クレジットカードを新たに作ろうとしても審査に通らずに発行してもらえない可能性が高いのです。

・例外のケースとしてカードが作れた人もいる

しかし、ネットで債務整理とクレジットカードの情報を見ると、債務整理中なのにカードを作ることができたという話を耳にします。

これは、債務整理でブラックリストに載ることを考えれば信じられません。

本来であれば、ブラックリストに載っている間は新しくクレジットカードを作ることができないからです。

では、なぜクレジットカードを新しく作ることができたのでしょうか。

実は、その理由ははっきりとこれだというものを挙げることは難しいのが現状です。

理由ははっきりとしていませんが、カード会社はブラックリストをチェックするものの、情報があったからといってカードを発行してはいけないという決まりはありません。

そのため、カード会社が発行しようと思ったのであれば、発行しても問題ないということになります。

つまり、カード会社が、この人になら発行しても大丈夫だと判断したら、発行してもらえるということです。

そのため、債務整理中でもカードを作りたいと思うのであれば、実際に申込をしてみるのが一番良いでしょう。

申込をしてみて、もし運良く審査に通ればカードを発行してもらえますし、通らなければカードが届くことはありません。

申込の際には、今までカードを作ったことがない会社に申し込んでみるなどの工夫も必要でしょう。

債務整理をしたクレジットカードの会社よりは、関わりがなかった会社の方が通る可能性が高いと考えられるからです。

もし、どうしても債務整理中にカードが欲しいのであれば、まずは実際に行動を起こしてみましょう。