交渉が大きく結果を左右する任意整理とは?

いつの間にか借金を大量に抱えてしまい、全てを返済するのが難しくなってしまったという人は少なくありません。

もし返済能力がまだあるというのであれば、任意整理という方法で解決することができます。

任意整理は、債務整理という法律で定められた借金問題解決方法の一つです。

もし任意整理を選択するというのであれば、比較的少ないデメリットで済ませることができます。

・任意整理のメリットとデメリット

任意整理は、今背負っている借金の金額を減額し、その減らした借金を返済していくという債務整理の方法です。

交渉で借金を整理していくので、裁判所に行って何か手続きをするということがありません。

もし裁判所を通して整理しなければならないというのであれば、手続きに時間がかかりますし、必要な書類もたくさん集める必要が出てきます。

そのような手間を省きつつ借金を整理することができるのが、任意整理のメリットなのです。

一方で、任意整理をすると、その情報がブラックリストに載ってしまうというデメリットがあります。

ブラックリストに載っても生活に支障はありませんが、もし任意整理が終わった後ですぐにクレジットカードの作成や、新たな借り入れをしたいと考えている人はそれができなくなってしまいます。

任意整理でブラックリストに載る期間は5年なので、その期間は少し制約があるということを覚えておきましょう。

・交渉を上手く成功させるためには?

借金をいくら減らすかについては、債権者側と債務者側が交渉をして決めることになります。

この交渉が上手くいけば、大幅に借金を減らすことも夢ではありません。

しかし、交渉は必ずしも成功するとは限らないので注意が必要です。

債権者側に対して、債権者のことを軽視した要求を提示したと仮定しましょう。

この場合に、債権者側が債務者側の言う通りに要求を呑むとは考えられません。

つまり、債権者側のことも考えつつ、有利に交渉を進められるような要求をしなければならないのです。

任意整理の交渉については、必ず成功させるために経験豊富な弁護士や司法書士に依頼をすることをお勧めします。

債権者側は、経験の浅い弁護士・司法書士や債務者が交渉してきた場合、強固な姿勢で対応してきます。

しかし、経験豊富な弁護士・司法書士が登場することで、より有利に、そして確実に良い結果を得ることができるのです。

そのため、依頼したことで発生する費用はかかってしまいますが、なるべく法律家を頼るようにしましょう。

・どうして減額が可能なのか

さて、任意整理をすると借金を減額することができるということですが、なぜ減額が可能になるのでしょうか。

そこには、多く払っていた利息の問題があるのです。

お金を借りると必ず利息がかかりますが、この利息は「出資法」と「利息制限法」という二つの法律に規定があります。

まず、「出資法」というのは、サラ金業者などの貸金業者が借主に対して法外な利息で貸し付けることを避けるために作られた法律です。

この法律ができたことで、貸金業者との間での金銭消費貸借契約において、最高でも29.2%の利息までしか定めることができなくなりました。

次に、「利息制限法」は、貸主と借主の間で定めることができる金銭消費貸借契約の利息を、最高でも20%とするという法律です。

利息制限法によれば、この20%を超えて利息を定めたとしても、その超える分については無効になります。

つまり、支払う必要がないということなのですが、実際には20%を超える利息が定められていることがあり、その通りに払っている債務者が多いのです。

この二つの法律が存在することによる利息の上限の差を、「グレーゾーン金利」と呼んでいます。

消費者金融の多くは、このグレーゾーン金利のギリギリである29.2%で利息を定めています。

利息制限法ではこの利息については無効ですが、請求があったとしてもそれについては罰則を科すことができません。

そのため、多くの借主が払う必要のなかったグレーゾーン金利での利息を払い続けることになり、多く払っているお金が発生してしまったのです。

現在は、法改正によってグレーゾーン金利はなくなり、利息制限法の範囲内での利息でしか貸し付けができなくなっています。

もし利息制限法を超える利息でお金を借りていた場合には、一度引き直し手計算することで、払いすぎていたお金を算出することができます。

この「払いすぎていたお金」のことを、「過払い金」と呼んでいます。

過払い金があれば、それを引くことで借金の総額を減らし、その後払う金額を少なくすることができます。

また、任意整理をすることで、今後支払う利息をカットしてもらうことが可能です。

このような理由から、任意整理をすると借金を減額することができるというわけなのです。

・任意整理の進め方

任意整理の手続きは、そこまで難しいものではありません。

そのため債務者が自分の力ですることもできますが、交渉の所でも説明したように結果に大きな影響を与えるため、法律家に依頼する方が無難です。

法律家に依頼をすることは、他にも大きなメリットをもたらしてくれます。

それは、受任通知によって取り立てをすぐにストップさせることができるというものです。

受任通知とは、弁護士・司法書士が「この件について引き受けました」ということを知らせるものです。

これが債権者側に通知されると、それより後は全てのやり取りを弁護士・司法書士と行わなければならなくなります。

そのため、債務者に直接取り立てや連絡が来なくなるというわけです。

借金で悩みを抱えている人からすると、取り立てが止むというのは非常にありがたいことだと思います。

取り立てが来なければ借金で思い詰めることも少なくなり、精神的な負担を軽減することができます。

今までは借金について深く悩み過ぎたせいで、周りのことや任意整理などについて頭が回らなかった時もあったかもしれません。

しかし、追い詰められることがなくなるので集中して任意整理に取り組むことができるようになり、更には、生活も元に戻せる可能性が高まるのです。

このようなメリットからも、自分で全てをやらないことは大事だと考えられます。

それでは、弁護士の元へ任意整理を依頼しに行った場合の手続きの流れを見ていきましょう。

弁護士の元を訪れる際には、債務の額や取引開始年月日などが分かる債権者一覧表やクレジットカードなどを持って相談に行くようにします。

相談後に依頼をすることになれば、ここで受任通知が発送されます。

受任通知を発送すると同時に、弁護士は債権者側に対して今までの取引についての情報を開示するように求めます。

そして、その情報を基に引き直し計算をして、いくらまでなら減額できそうかを把握します。

その後は、債権者側と交渉を進めて和解契約書を作成し、それに従って3〜5年かけてゆっくりと返済していくという流れです。

全ての借金を返済することができたら、そこで借金苦からの解放ということになります。

任意整理は、借金が全てなくなるわけではありませんし、減らした借金を返さなければなりません。

そのため、債務者には返済能力があることが求められます。

また、返済能力があったとしても、数年間かけて返済するのに心が折れないことも必要です。

もし、「仕事はしているけれども借金が多すぎて、減らしたとしても返すのは難しい」というのであれば、債務整理は向いていないと考えられます。

その場合には、他の方法で借金を整理するようにしましょう。