債務整理で債権者との交渉を成功させるには?

借金の額がかなり多いけれども、ある程度減額してもらえれば返していけそうだという人は、任意整理を選択することになると思います。

任意整理は、お金を借りている相手である債権者と交渉をすることで、今後返済する借金の金額を減らすという債務整理の方法です。

・任意整理の交渉の流れ

開示請求した情報を基にして借金の額を再計算し、本来払うべきだった金額を算出していきます。

それから実際に債権者と交渉を進めていくのですが、その時に過払い金があればその交渉も進めていくことになります。

支払いが可能な金額で話がまとまればそれを和解契約書として残し、以後はそれに従って借金の返済をしていきます。

返済は、一般的には3〜5年という長い時間をかけて行うことになりますが、もしお金を用意することができるのであれば一括で返済しても構いません。

交渉によって決まった金額や期間によっては、借金は減ったけれども負担はまだ重いままだということも考えられます。

そのため、任意整理では、今後のことを考えつつどれだけ交渉を有利に進められるかがポイントになるのです。

・交渉が上手くいかないパターン

債権者との交渉は、弁護士に依頼した方がかなりの確率で成功します。

債務整理は個人でもできるので、時々自分の力だけで解決しようとする人がいます。

素人であればあるほど、債権者とどのように交渉すれば良い結果になるかが分かっていません。

債務者の立場からすると、なるべく多くの借金を減らしたいでしょうから、自分に都合の良い条件ばかりを提示することになります。

その条件を見ると、債権者は到底受け入れられないものであることが多いです。

任意整理は交渉で借金を減額することはできますが、その交渉自体は法的な効力が生じるものではありません。

そのため、任意整理をするからといって、債権者が必ずそれに応じなければならないかはまた別の問題なのです。

債権者のことも考えられた条件の提示がなければ、交渉をしても相手にしてもらえません。

相手にしてもらえないということは任意整理できないということですから、今までと同じ条件で借金の返済を続けていかなければならなくなります。

それを避けるためにも、なるべく交渉は弁護士に頼むようにして、確実に交渉を進められるようにしましょう。

弁護士に依頼をすればほとんど大丈夫ですが、中にはそれでも交渉がまとまらないことがあります。

その時には、また違う債務整理の方法を取ることができるため、万が一を考えて弁護士に頼むことは大事なのです。