債務整理は個人でできるの?

弁護士に依頼をした方が良いということを耳にする債務整理ですが、依頼をしなくても個人ですることはできます。

しかし、実際に債務整理をするとなると、どうしても個人の力だけでは不十分な場面に遭遇することになります。

・個人で債務整理をすることは可能だが…

弁護士を雇わないということは、弁護士費用が一切かからないということです。

そのため、借金を抱えている人にとっては、自己の負担を軽減することができるというメリットがあるのです。

しかし、弁護士費用は重要なポイントかもしれませんが、債務整理は借金を確実に整理できることに重点が置かれます。

つまり、弁護士費用はかからなかったけれども、思ったような結果を得ることができなかったというのでは意味がないのです。

債務整理を個人でしても問題ない人というのは、よほど法律に詳しい人や時間に余裕のある人だけです。

個人でできるとは言っても、債務整理は法律で定められた手続きであることから、法律の知識が皆無ではやり遂げることは難しいでしょう。

弁護士に依頼することのメリットは非常に大きいので、自分でできそうであっても弁護士に依頼した方が良さそうです。

・なぜ弁護士に依頼した方が良いのか

個人で債務整理をするのを避けた方が良いのは、次のような理由があるからです。

まず、任意整理や自己破産をする時に債権者側に受任通知がいかないので、取り立てが止まないという理由があります。

弁護士に依頼をすると、すぐに債権者側に受任通知を送ることになります。

この受任通知が届くと、それ以降は債務者に直接取り立てをすることが禁じられるのです。

しかし、個人で債務整理すると取り立てが止まず、精神的に辛い状態が続くことになるため、債務整理に集中するためにも弁護士への依頼は必要です。

次に、裁判所に提出する書類がある場合には、それを自分で作らなければなりません。

弁護士は今までの経験からノウハウを持っていますし、債権者側に今までの取引履歴を開示してもらって書類を作ることが簡単にできます。

しかし、それが個人にとってはかなり難しい準備になるため、債務整理は個人でやるのを避けた方が良いのです。

加えて、任意整理をする場合には、債権者側と交渉をして借金の金額を減少させなければなりません。

弁護士は、債権者とどのように交渉をすれば良い結果を得られるかをちゃんと分かっています。

そのため、ちゃんと債権者と話し合いをして借金を大幅に減額することができるのです。

しかし、交渉のポイントを分かっていない個人が交渉しようとしても、同じ結果を得られるとは限りません。

このような理由から、最終的には弁護士に依頼することになる人も多いので、きちんと考えて債務整理をするようにしましょう。