債務整理の一つ「個人再生」はどんな時にやるの?

債務整理では、抱えている借金の額やどのように整理したいのかを考えながら、整理の方法を決めていきます。

任意整理や自己破産、個人再生のようにいくつかの方法から選択できますが、任意整理と自己破産は多くの人が聞いたことのある言葉だと思います。

しかし、「個人再生」と言われても、よく分からないという人が多いのではないでしょうか。

・個人再生と返済期間

個人再生は、再生計画というものを作って裁判所に認めてもらい、その後はその計画通りに返済を続けていくというものです。

3年間返済し続ける必要があり、計画通りに返すことができれば残りの借金は返済しなくて良くなります。

自己破産とは違って借金を返さなければなりませんが、3年間耐えることができるのであればこの方法でも問題はありません。

ですが、任意整理を選択しても結局借金を返すことには変わりないため、わざわざ個人再生を選択する必要はないようにも感じます。

そこで、個人再生はどのようなときに選択すると良いのかを解説していきます。

・個人再生を選ぶと良いケース

まず、自己破産と比較してみると、自己破産は借金は免除されますが、持っている財産を手放す必要があります。

また、自己破産をすると、警備員や保険の外務員のようにいくつかの資格に就くことが制限されてしまいます。

このようなデメリットは、個人再生には存在しません。

特に住宅であれば、「住宅ローン特別条項」を利用して個人再生することによって、失うことなく債務整理ができるという大きなメリットがあります。

以上から、借金を整理したいけれども家などの財産は失いたくない人が個人再生に向いています。

加えて、自己破産をすると資格が制限されて仕事ができなくなってしまう人も、自己破産よりも個人再生の方が良いでしょう。

次に、任意整理と個人再生を比較してみましょう。

任意整理をすると、貸金業者と弁護士が交渉をして借金を減額することになります。

しかし、任意整理は法的拘束力がないということで、貸金業者によっては応じてくれない場合があります。

応じてくれないのであれば、借金を整理することができません。

個人再生は任意整理と違って法的拘束力があることから、このような場合には個人再生を選ぶと良いでしょう。

また、個人再生では計画に従って3年間で借金を返済しなければなりませんが、そこで返済する金額は、債権の総額の5分の1又は100万円のいずれかとなっています。

つまり、場合によっては任意整理をするよりも低い金額の返済で住む場合があるため、このような時にも個人再生を利用すると良さそうです。