携帯電話の料金について債務整理したらどうなるのか?

スマートフォンを始めとする携帯電話は、今の時代になくてはならないアイテムの一つとなっています。

携帯電話を持つということは、その機種の代金に加えて毎月の使用料も支払わなければならないということです。

特にスマートフォンになると、機種の代金がかなり高額になることもあり、一括で支払うことが難しいという人もいると思います。

もし一括で払えなければ分割で支払っていくということになりますが、このような支払形式をとっている人は債務整理で注意しなければなりません。

・機種代金を分割して払っている場合

分割で支払っている人は、毎月の利用料金と一緒に機種の代金を支払っている人が多いと思います。

このような支払い方をしていると、機種の代金も利用料金と同じ扱いになると思ってしまいがちです。

しかし、機種の代金というのは購入した時に発生するものであり、毎月発生する利用料金とは違うのです。

つまり、機種代金の分割ローンについては「借金」ということになります。

このような扱いになるため、機種代金を分割で払っている人は気付かないうちに借金を背負っているということになるのです。

個人再生や自己破産によって債務整理をする時には、免責されない債務ということになるため、必ず裁判所への申告をしなければなりません。

個人再生と自己破産では、全ての債務について平等の扱いをする必要があります。

そのため、他の借金は払わないけれども、機種代金の分割ローンは払い続けるということができなくなるのです。

もし債務整理をしながらでも携帯を使えるようにしたいのであれば、任意整理を選択して、携帯電話の分割ローンを払い続けるようにしましょう。

・毎月の利用料金は滞納しない方が良い

ここまで機種代金についての分割ローンの扱いを解説してきましたが、もし毎月の利用料金の滞納があればどうなるのでしょうか。

もし利用料金の滞納があれば、それについても債務整理をする必要があります。

債務整理をすると、その携帯電話は強制解約されてしまう可能性が高くなります。

先程説明した機種代金の分割ローンは、携帯会社によって債務整理後も使い続けられるかが変わってきます。

ケースによっては、機種代金と利用料金を分けてしまって、毎月の利用料金を払ってもらえるのであれば使い続けることができることもあるそうです。

つまり、毎月の利用料金が重視されているということが分かります。

今の時代、携帯電話がなければ毎日の生活に支障が出てしまうでしょう。

利用料金が払えなければ携帯電話が使えない可能性があるため、なるべく利用料金については滞納しないことが大切です。