債務整理で行われる過払い金の請求とは?

CMでもよく聞くようになった「過払い金の請求」は、一言で言えばお金が返ってくる制度のことです。

債務整理をする時には、どのような方法を用いて整理するかに関わらず、必ず過払い金があるかどうかの確認がなされます。

もし確認して払いすぎたお金があるということが分かれば、自己破産をせずに任意整理で済むということになるかもしれません。

そのため、過払い金を確認することは、非常に重要な債務整理のポイントだと言えます。

過払い金は、利息制限法と出資法という二つの法律の存在によって発生したお金です。

利息制限法という法律では、最高でも20%の利息が適用されると定められています。

その一方で、出資法によると、29.2%という利息制限法の上限利息よりもかなり高い利息が適用されることになります。

・過払い金の原因である「グレーゾーン金利」とは?

この二つの法律で定められた利息の幅が、「グレーゾーン金利」と呼ばれているものなのです。

多くの消費者金融において、利用者にお金を貸す時には出資法ギリギリの利息を保っている状態となっています。

実は、法律では、利息制限法の利息を超える分については支払う必要がないとされています。

つまり、利息制限法の利息で引き直し計算をしてみると、払う必要のないお金が発生するということなのです。

これが「過払い金」であり、2010年6月以前に貸金業者を利用していた人は、過払い金が発生している可能性が高くなっています。

・一人で解決しないことが大事

過払い金が発生しているかどうかは、実際に計算してみないと分かりません。

5年以上貸金業者と取引をしている人は発生していると考えられますが、計算するまでは確実にあるとは思わない方が良いでしょう。

過払い金の請求をしたいのであれば、個人の力でもすることはできますが、弁護士に依頼をするようにしましょう。

弁護士に依頼をすることで借金の取り立てが止まりますし、危害を加えられることなく、安全に借金問題を解決することができるようになります。

貸金業者は、債務者に対しては強い態度で挑んでくることが多くなっています。

その一方で、経験豊富な弁護士であればあるほど、交渉のノウハウを知っているので無事に解決することができます。

つまり、確実に過払い金や債務整理の問題を解決することができるようになるため、弁護士を雇うことは非常に重要なのです。

弁護士を雇うと弁護士費用が掛かってしまいますが、過払い金がある場合であれば、戻ってきたお金でその費用をまかなうこともできます。

債務者の負担は小さくて済むため、弁護士と共に過払い金請求をすることは大きなメリットであると考えられます。