債務整理後はいつからローン組めるの?

債務整理をしたら、それについての情報がブラックリストに登録されて、一定期間は保存され続けることになります。

保有する信用情報機関や債務整理の手続きにもよりますが、5〜10年の間はブラックリストに載り続けます。

多額の借金から債務整理をすることによって抜け出したとしても、それで全てが終わったということにはならないということです。

債務整理後はいつからローン組めるの?

債務整理後すぐにはローンが組めない

借金を抱えていた人は、債務整理後の生活スタイルを変える必要が出てきます。

ブラックリストに情報が残っている間は、ローンを組むことができなくなってしまうからです。

ローンに申込をすることはできても、その後の審査の段階でブラックリストが確認されることから、審査には通らなくなってしまいます。

債務整理をする以前の生活では、急な出費などでお金が必要になった時には貸金業者からお金を借りることができました。

カードローンであれば、上限額までカードを使って融資を受けることができたので、欲しいものがあればすぐにお金を借りるという生活をしていた人も多いのではないでしょうか。

しかし、債務整理をして直ぐの段階では、そのような生活をすることはできなくなるのです。

今までとは違ってかなり不便ですし、何度も我慢しなければならない場面が出てくるため、人によっては生活が辛くなると思います。

しかし、債務整理をすると決めたのであれば、それは仕方のないことと思って徐々に慣れていくことが大切です。

最低でも5年は待ってから申し込もう

債務整理後は、すぐにローンを組むことはできないのですが、ブラックリストから情報が消えた後ならローンの審査に通るようになります。

つまり、最低でも5年はローンを組むのに待つ必要があるということです。

ブラックリストに保存されているかどうかは、信用情報機関に開示請求をすれば簡単に確認できます。

ローンを組みたいのであれば、まずは開示請求から始めることが大切です。

加えて、以前ローンを組んでおり、債務整理をしたことがある貸金業者でローンを組むのは避けるようにしましょう。

ブラックリストの保有期間である5〜10年が経っても、貸金業者はそれとは別に債務整理をしたという情報を保有しています。

そのため、ローンの申し込みをしても、過去に借金の返済ができずに債務整理をしたということが審査の段階で分かってしまうのです。

債務整理をした後でローンを組もうとする場合には、信用情報機関に事故情報が保存される期間に加えて、ローンを申し込む金融機関にも注意するようにしましょう。

債務整理後でもカードは作れる?

普段から、あまり現金を持ち歩かずにクレジットカードで買い物をするという人は多いのではないでしょうか。

クレジットで支払うことでポイントが貯まりやすくなっているカードもあるため、よく買い物をするという人は持っているとお得です。

このように利便性は高いですが、手元に現金がなくても買い物ができてしまうため、気付いたら使った金額が高額になっていたということがよくあります。

債務整理はカードの作成に影響する

もしカードの返済が滞ってしまったり、借金を抱えて債務整理をしたりすることになると、その情報がブラックリストに登録されることになってしまいます。

債務整理をしたという事故情報は、最低でも5年間は削除されずに信用情報機関に保存されます。

現在、信用情報機関は全部で3つあり、登録される機関によって事故情報の保存期間が変わってきます。

また、債務整理をどのような方法で行うのかによっても保存期間が変わってくるため、債務整理をした人は注意が必要です。

信用情報機関によっては、最長で10年は債務整理の情報が残り続けることから、その期間内はクレジットカードの作成・使用に大きく影響してきます。

新しく作りたければ5〜10年は待とう

クレジットカードを新しく作る際には、クレジットカード会社による審査が必ず行われます。

審査では申込者の情報がブラックリストに載っていないかどうかがチェックされ、載っていた場合には審査に通りません。

つまり、債務整理をしてしまうと、ブラックリストに情報が載っている間は新しくカードを作ることができないということです。

ただ、作ることができないのは5年〜10年の間だけなので、その期間を満了したら新しく作ることができます。

また、債務整理をするとクレジットカードの使用もできなくなってしまいますが、これもブラックリストに情報が載っている間だけの話です。

このように、債務整理後5年以上が経過するまではカードを作ることができないのですが、たまに例外が存在します。

メジャーではない会社では、債務整理から2年ほどしか経っていないのにカードを作ることができたことがあるそうです。

このような例外はありますが、やはり基本は5年以上待ってから作ることになるため、例外よりも原則を頭に入れておく方が良いでしょう。

普段からクレジットを使う習慣がついてしまっている人は、債務整理を行うことによって今まで通りの生活ができなくなってしまいます。

しかし、カードが使えなくなることで再び借金を背負う生活をする可能性が小さくなるため、これを生活スタイルを変えるチャンスと見ることもできるのです。

債務整理をするとクレジットカードが使えないって本当?

クレジットカードは現金を持っていなくても買い物ができるので、非常に便利なツールとなっています。

しかし、現金であればATMから引き出さない限りは使える上限がありますが、クレジットにはそれがありません。

そのため、予想以上にお金を使ってしまっていて、返済できない金額になっていることもあるのです。

債務整理をすると普段使っているカードは使えなくなる

このクレジットカードですが、もし借金が増えて債務整理をすることになれば、その使用が禁じられてしまいます。

債務整理をすると、クレジットカードの信販会社に債務不履行者であるというデータが登録されます。

つまり、「この人は債務である借金を返済する義務を履行できませんでした」ということが登録されるのです。

この情報を見た信販会社は、「この人にカードを使わせていたら、また大変なことになる」と思うはずです。

このような理由から、信販会社は債務整理後すぐに利用者の元へ、カードの解約通知をしてきます。

これによって今後はそのカードを使うことができなくなるため、債務整理後は現金で買い物をするということになります。

債務整理の対象にならなかったカードは使えるの?

クレジットカードは複数持っている人が多く、買い物をする店や場所などで使い分けている人も多いと思います。

任意整理を選択して債務整理を行った場合には、全てのクレジットカードを整理の対象にする必要はありません。

普段買い物などで全く使っていないクレジットカードがあれば、それについては債務整理の必要はないでしょう。

つまり、カードを複数持っている人の中には、債務整理をしないクレジットカードが存在する可能性があるのです。

もしあるクレジットカードについて債務整理しなかったとしたら、そのカードの使用はどうなってしまうのでしょうか。

債務整理をしなければ、それについての債務不履行者データは残りません。

つまり、そのカードの信販会社は債務整理したことが分からないのです。分からなければ、解約通知が出されることにはなりません。

そのため、このようなカードについては、債務整理後すぐに使えなくなるということがないのです。

しかし、クレジットカードはいつか更新しなければならないため、その時に使えなくなることがあります。

更新時には、ブラックリストにその人の情報が載っていないかどうかがチェックされます。

債務整理をすると一定期間はブラックリストに情報が載ることになるため、それによって更新されないことがあるのです。

更新されなければ新しいカードは届きませんから、そこでそのカードは使用不可になります。

債務整理してもETCカードは持てる?

債務整理をすると、対象となったクレジットカードは全て使えなくなります。

普段高速道路をよく使う人は、ETCカードを持っていることが多いと思います。

クレジットカードと同じ働きをするETCカードを持っている人は債務整理をするとどうなるのでしょうか?

クレジットと連動したETCカードは使えなくなる

このETCカードはクレジットカードと連動しているものがほとんどのため、もしそのカードが使えないということになるとETCの使用もできなくなってしまうのです。

ETCカードとして使えなくなると困るという人は、任意整理を選択して債務整理をすると良いでしょう。

任意整理は、メリットの一つに整理する借金を選べるというものがあります。

つまり、複数枚のクレジットカードがあれば、そのうちの数枚についてだけ整理することができるということなのです。

債務整理の対象にならなければ、そのカードはすぐに使用不可になるということがありません。

ただし、カードの更新がされれば、債務整理の対象ではなかったカードについても使えなくなる可能性があります。

そのため、一生使い続けることができるわけではありませんが、ある程度はETCカードとして使い続けることが可能というわけです。

債務整理をしても持てるETCカードがある

任意整理をすればすぐに使えなくなることはないということですが、カードの更新時に新しいカードが届かなくて使えなくなる可能性はあります。

もしそのような不安を払拭したいのであれば、「ETCパーソナルカード」というものを持つようにしましょう。

このカードは、高速道路株式会社6社が共同で発行しているカードです。

クレジットカードとは連動していないカードのため、クレジットを持っていない人や債務整理で新しいクレジットを作れない人などに向いています。

カードを作るときに年会費1200円がかかってしまいますが、全国ほとんどの有料道路で使用できるので、持っていて損はありません。

このETCカードは、デポジットの預託と利用代金の引き落としに使うゆうちょ銀行の通常貯金口座、銀行などの預金口座があれば利用できます。

デポジットは保証金のことを指し、申込時には必ず利用見込月額と年間最高利用月額の自己申告をします。

「利用見込み月額」とは有料道路を利用する月平均の金額であり、「年間最高利用月額」とは年間で1番有料道路を利用する月の金額です。

これらの金額は預金口座に入れておく必要があり、毎回の利用代金はデポジットとは別に一か月単位で引き落とされます。

クレジットカードと連動したETCカードとは違って、ETCパーソナルカードは利用代金の立て替えがありません。
そのため、どの方法で債務整理をしたとしても持つことができます。

債務整理後の借り入れは可能?

債務整理後に借り入れができるのかという疑問は、借金を抱える多くの人が持つものだと思います。

特に、債務整理をするかどうかで迷っている人にとっては、お金に困った時に借り入れできなくなってしまうのは大きな問題です。

債務整理後でも借り入れはできる

新規の借り入れは、債務整理後すぐには難しいですが、一定期間経った後であれば借り入れ可能になります。

債務整理をしてから借り入れができるようになるまでの期間は、最短で5年、最長で10年となっています。

この5〜10年という期間は、ブラックリストに債務整理をしたという事故情報が保存されている期間です。

債務整理をすると、借金の返済ができなかったという情報が信用情報機関に事故情報として載ることになってしまいます。

この登録された情報を「ブラックリスト」と呼んでいますが、ブラックリストに載ってしまったとしても普段の生活には何ら影響はありません。

しかし、金融機関からお金を借り入れる際には、ブラックリストが非常に大きな影響を与えることになるのです。

借り入れの申し込みがあると、申込を受けた金融機関は、必ずブラックリストに事故情報が載っていないかの確認をすることになります。

情報があるということは、お金を返すことができなかった過去があるということですから、貸す側としてはあまり信用できないと考えられます。

このように、ブラックリストに載ると審査に響いてしまい、借り入れが難しくなってしまうのです。

1社で駄目でも他の金融機関で通ることもある

債務整理をする人は、今までに借り入れを繰り返していた過去があることが多いため、すぐに借り入れができない状態に慣れるのは難しいかもしれません。

しかし、一生借り入れができないわけではありませんし、今後再び多額の借金を抱えることがないように生活を改めることもできます。

そのため、一定期間の借り入れができないことは、あまりデメリットと捉えないことが大事です。

ただ、やはりどうしても借り入れをしなければならない状態に陥ることも考えられるため、最低でも5年経ってから審査に申し込むようにしましょう。

申込をする際には、信用情報機関に情報が残っていないかを開示請求して確認することが重要です。

ただし、保存期間が経過したとしても、金融機関によって審査の基準が違ってくるため審査に通るかは分かりません。

そのため、1社だけに申し込んで審査に通らなかったとしても、他の金融機関では通る可能性もあります。

債務整理後に借り入れをするのであれば、債務整理をした金融機関を避けつつ、いくつかの金融機関に申込をしてみると良いでしょう。

債務整理をしていても住宅ローンは通る?

借金を抱えて債務整理をした経験がある人の中にも、マイホームを建てる夢を叶えたいという人がいると思います。

ですが、一度借金の返済ができずに債務整理をしてしまっているため、住宅ローンの審査に通らないのではないかという不安が残ります。

借りたお金を返すことができなかった人間に対して、再びお金を貸そうとする人は普通に考えると存在しないからです。

債務整理をするとその情報がブラックリストに載るため、債務整理後すぐは審査に通るのが難しくなります。

債務整理をするとブラックリストに載ってしまう

新しくクレジットカードを作ったりローンを組んだりした場合には、その情報が「信用情報機関」という所に登録されます。

もし、クレジットやローンの返済ができなければ、その情報は「事故情報」として機関によって保有されることになります。

この事故情報が「ブラックリスト」と呼ばれているものであり、住宅ローンの審査時には事故情報がないかどうかが見られてしまうというわけです。

審査に通るために気を付けること

ブラックリストに載ると住宅ローンの審査に通るのが難しいということですが、一生住宅ローンが組めないということではありません。

事故情報には保存期間があり、債務整理の方法にもよりますが、5年から10年で情報は削除されます。

つまり、債務整理をしたことによる事故情報は、信用情報機関に登録されてから最長で10年経てば削除されるということです。

自分の情報が残されているかどうかは、信用情報機関に開示請求をすることで確認することができます。

そのため、過去に債務整理をしたことがある人は、住宅ローンの申込前に一度請求して確認することをお勧めします。

確認して情報が残っていないということになれば、住宅ローンの審査に通る可能性が高くなります。

しかし、住宅ローンの審査では、事故情報の他にも申込者の収入や勤務先なども考慮されます。

そのため、事故情報が削除されているからといって、必ず審査に通るわけではないことに注意しましょう。

また、事故情報が残されていない状態でも、申込む金融機関によっては審査に通らないことがあることも忘れてはいけません。

債務整理を行った相手方とその関連グループの金融機関には、データベース上に借金の返済ができなかった事実が残されているのです。

このデータは信用情報機関とは関係ないため、5年から10年という期間が過ぎても残り続けます。

審査に通る確率を上げたいのであれば、債務整理を行った金融機関には申込まないようにすることが必要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク