債務整理は一括返済出来る?

債務整理の方法は、借金を減らしてから残りを返済する方法と、全ての借金をなくしてしまう方法に分けられます。

自己破産であれば借金をなくすることができますが、その代わりに自分の財産を手放さなければならないなどのデメリットがあるのが特徴です。

・債務整理では一括返済も可能

そのため、財産を残しておきたいのであれば自己破産以外の方法を用いることになります。

借金を減らして負担を軽減する方法として挙げられるのは、「任意整理」という方法です。

任意整理では、債権者である貸金業者との間で交渉を行い、借金を減額した上で残された借金を返済していくことになります。

減らして残った借金は、普通は3〜5年という年月をかけてゆっくりと無理のないように返済していきます。

多くはこのように分割での返済になるのですが、全ての人が分割にしなければならないというわけではありません。

もし一括で返済することができるのであれば、それでも構わないということです。

・一括返済のメリットと注意点

3〜5年の長期にわたって返済していく場合には、毎回の返済額を少なくすることができるため、債務者の負担を軽くすることができます。

この負担は、返済額だけでなく精神的な負担も含まれていると考えられます。

やはり、減額できたとはいっても借金を返済し続けることには変わりないため、それによる精神的な負担は残り続けることになるのです。

そのため、もしすぐにでも借金を返して楽になりたいと思うのであれば、一括返済をしてしまうというのも一つの策です。

ただし、一括返済をするためにどこかから借金をするということは避けなければなりません。

ここから、家族の協力によりお金を用意できる人が一括返済に向いていると考えられます。

一括返済には、利息制限法に則って再計算した金額よりも低い金額で返済できるというメリットがあります。

つまり、もし一括返済できるのであれば、ゆっくりと数年間にわたって返済し続けるよりもお得だということです。

しかし、もしいくつかの貸金業者を相手に債務整理をするのであれば、その全てでお無い対応をしなければなりません。

ここは一括返済をするけれども、こっちでは分割して返済するということはできないので注意しましょう。

また、一括返済できる場合であっても、必ず弁護士に依頼をしてから決めるようにしないと、実は依頼した方が返済額が少なくて済んだということにもなりかねません。

このようなこともあるため、一括返済であれば確実に弁護士に依頼してから債務整理をすることが必要です。