債務整理って安心?

借金を抱えて困っている人の中には、債務整理が気になるけれども、本当にするのが良いのだろうかと不安に思っている人もいると思います。

借金を整理することができると言っても、本当に安心して良いものかと疑問に思うのは当然のことです。

しかし、債務整理は法律で定められている借金の整理方法なので、そこまで不安に思う必要はありません。

・精神的に楽になるという安心感がある

弁護士に依頼することで得られる最大の安心としては、すぐに貸金業者からの取り立てが止まるということが挙げられます。

依頼を受けた弁護士は、すぐに貸金業者に対して受任通知というものを送ります。

これによって、貸金業者は債務者に直接取り立てをすることができなくなり、全て弁護士を通して連絡をすることになるのです。

借金を抱える人にとっては、取り立てが止まるというのは精神的にもかなりの安心感を得ることができます。

取り立てが止まったことによって、借金のことばかりを考える状態から少しでも抜け出すことができ、債務整理や生活の立て直しにより集中することができるようになります。

債務整理をすることは、精神的な不安から逃れられるというメリットがあるというわけです。

・周りが知ることは普通はない

また、債務整理をすると周りにバレてしまい、会社も首になるのではないかと不安になる人が多いと思います。

債務整理をするとブラックリストに事故情報が載ってしまいますし、自己破産と民事再生をした場合には官報にも公告されてしまいます。

官報であれば誰もが見れる状態になるため、会社の関係者や知り合いなどの目に留まることもあるかもしれません。

しかし、普通に考えて、特に理由もなく毎回官報を確認しているという人はいないでしょう。

また、ブラックリストに載ったからといって、周りがそれを知ることは基本的にはありません。

そのため、任意整理を選んで債務整理をするといったような場合であれば、誰かにバレて会社を首になるという心配はないのです。

しかし、弁護士に依頼をした場合であれば安心して良いかもしれませんが、自分で債務整理をする場合には注意が必要です。

弁護士に依頼をしないのであれば、裁判所へ行かなければならない時には自分が出廷する必要があります。

この時、もし仕事をしながらの債務整理であれば、会社を休んで出廷することになるかもしれません。

そうなってしまうと、会社に休む理由を伝えなければならず、そこで債務整理をしていることがバレるかもしれないのです。

しかし、弁護士に頼んでいればそのような心配はいらず、安心して債務整理をすることができます。