債務整理してもアパート借りれる?

生活するためには、お金だけでなく安心して暮らせる住宅があることも必要です。

持家でない人はアパートなどを借りて生活することになりますが、債務整理をした人の中でアパートが借りられなかったという声を聞くことがあります。

・債務整理は賃貸に直接影響はしない

債務整理をするとその情報がブラックリストに一定期間載ってしまうため、それが影響しているのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、賃貸契約をする不動産会社はその情報を見ることはできないため、ブラックリストに載ったからといって全ての賃貸物件を契約できないというわけではないのです。

もし債務整理をしたことで賃貸物件に住むことができないというのであれば、誰も債務整理をすることができなくなってしまいます。

債務整理をしたからといって、現在のアパートから追い出されたりアパートに住めなかったりすることはないのです。

・クレジットカードが必要な所は注意

しかし、原則としては賃貸が可能なのですが、時にアパートを借りることができない場合があります。

一つ目のケースとしては、クレジットカードを持っていない人が、家賃の支払いをクレジットカードで行う賃貸物件を契約する場合が挙げられます。

債務整理後にクレジットカードを作ろうとしても、5〜10年の間はブラックリストに載っている限り作ることができません。

家賃をカード払いにしている賃貸物件は、カードを持っていない人に新しく作るように要求してくることがあります。

しかし、要求されて申し込んだとしても、ブラックリストに情報があるということで審査には通りません。
このような理由から、アパートを借りることができなくなるというわけです。

もしアパートを借りたいのであれば、クレジットを使用する必要のない所を選ぶようにしましょう。

・自分で保証人を立てた方が良い

また、クレジット以外にも、保証会社が必要なタイプの賃貸契約を選ぶことも避けた方が良さそうです。

賃貸契約では、保証人を自分で用意できない時だけでなく、タイプによっては始めから保証会社が必要になることもあります。

保証会社は、きちんとした人かどうかをチェックするために独自の審査を行っています。

ブラックリストの情報は、本来であれば保証会社は見てはいけない情報のため、債務整理をしても見られることはないように思えます。

しかし、実際にはどのような審査をしているかが分からないため、ブラックリストが見られてしまい、それを理由にして契約が結べないということもあるのです。

そのため、債務整理をした人は、なるべく自分で保証人を立てて契約するようにしましょう。