債務整理のブラックリスト期間

・事故情報には保有期間がある

債務整理をすると、そのことが事故情報として「信用情報機関」という所に登録され、数年間保存されることになります。

これが「ブラックリストに載る」ということですが、ブラックリストに載ってもその情報が知り合いや家族に知れ渡るわけではありません。

そのため、普通に生活をしていても、ブラックリストに載っているかどうかは分からないのです。

しかし、生活の中でブラックリストが問題になる場面があります。

それは、債務整理をした後にクレジットカードを作ろうとしたり、新規の借り入れを行ったりしようとした場合です。

このような場面では、必ず審査でブラックリストに載っていないかが確認されます。

もし情報が載っていれば審査に通りませんが、一度ブラックリストに載ったからといって今後一切の審査が通らないというわけではありません。

審査に通らないのは、事故情報が保存されている一定期間の間だけの話です。

・3つの機関によって保有期間は違う

事故情報を保存しているのは「信用情報機関」という所で、JICC、CIC、KSCという3つの機関があります。

債務整理をする際には、どのような形で借金を整理したいのかで選択する方法が変わります。

ブラックリストに載る期間で選択する人はいないと思いますが、選ぶ方法によっては保有期間が長くなることもあることを覚えておきましょう。

ここでは、債務整理の方法の中から、任意整理・民事再生・自己破産の3つに絞って紹介します。

まず、任意整理については、JICCとKSCが5年の保有期間となっており、CICは情報が載らないとなっています。

任意整理の情報は、金融機関によって登録されるタイミングに違いがあるのが特徴です。

JICCであれば、受任通知が送られてから和解が成立するまでの間に登録されることになり、登録から5年を計算するということになります。

KSCの5年間の保有というのは、「任意整理」という区分ではなく「代位弁済」としての登録です。

任意整理の通知を受けた銀行は、保証会社から代位弁済を受けることがあるのですが、その情報が保有されるというわけです。

次に、民事再生については、JICCが5年、KSCが10年、CICは任意整理と同じく情報が載らないとされています。

そして、最後に自己破産の保有期間ですが、JICCとCICが5年、KSCが10年となっています。

これまでの解説から分かる通り、JICCは全て5年間の保有期間となっていますが、その一方で、KSCは5〜10年と幅が広く、CICは自己破産以外は情報が載らないのが特徴です。