債務整理で返済額変更は認められる?

債務整理を任意整理などで行うと、借金を減額して残りを返済していくことになります。

返済は数年かけて無理のないように行うことになるのですが、その数年の間には何が起こるか分かりません。

もしかすると、当初は余裕だと思っていた返済計画に余裕がなくなることもあるのです。

では、もし返済が難しくなったら、返済額の変更はできるのでしょうか。

ここでは、債務整理における返済額の変更について見ていきます。

・任意整理ではどのように返済していくのか

任意整理をすると、借金をなるべく減らして負担を少なくすることができます。

減らすことができるので、当初の借金の総額では返済が難しかったという人でも、返済を進めていくことができるようになります。

しかし、減額できたからといって、返済していかなければならないことには変わりありません。

そのため、自分の今の状態だけでなく、将来起こりうる問題なども考えながら返済計画を立てなければならないのです。

任意整理では、利息をカットして元本のみを返済していくということになります。

この場合の返済については、一般的には3年間で36回までであれば話がまとまることが多くなっています。

しかし、必ずしも36回で完済しなければならないということではなく、貸金業者によっては5年間で60回までであれば認めてくれるところもあるそうです。

そして、返済額についても、毎月の返済額が最低でも5000円以上であれば話し合いがまとまることが多くなっています。。

「毎月5000円ずつであれば楽に返していくことができそうだ」と思う人も多いとは思いますが、話し合いによってこの金額は変わります。

また、借金の額や返済期間などにもよるので、必ずしも楽に返せることばかりではありません。

実際に、債務整理をしたけれども、結局返済が難しいままであるという人も多く見られます。

では、任意整理後に返済が難しいという人は、どのような対策を取ることができるのでしょうか。

・返済が難しい時に返済額の変更はできるか

任意整理後の返済が難しい人は、再び債務整理をして借金を整理するという方法を取ることができます。

債務整理の返済については、債務の総額を出してから収入などを考慮して方針を決定していきます。

債権者との交渉や弁護士報酬などを考慮しつつ再契約をした上で返済していくことになるので、簡単には変更が認められないような気もします。

ですが、きちんとした理由があれば認められる可能性が高いのです。

認められる可能性が高い理由としては、リストラや会社の倒産、病気や事故などの債務者に帰責事由がないものが挙げられます。

これらの理由があって返済額を減少してもらう必要があるのであれば、きちんと説明をして減少に応じてもらえるようにしましょう。

債権者側は、債務者が債務整理をすることになった事情を知っていますし、任意整理後の数年間の間に何かアクシデントが起こるかもしれないということも分かっています。

そのため、交渉しても駄目な場合もありますが、一切減額してもらえないというわけでもないのです。

上記の理由以外にも、任意整理をした段階で計画や方針の見通しが甘かったために返済が難しくなるということもあるでしょう。

そのような場合には、方針の変更が認められない可能性があるので注意が必要です。

また、一度任意整理をしている場合には、もう一度任意整理をするのが難しくなる場合が多くなります。

そのため、再度任意整理ができない場合には、個人再生や自己破産をして対応するということになるでしょう。

このように、債務整理の方針変更を認めてもらえる場合もありますが、なるべくなら自己破産などは避けたいと思っている人も多いと思います。

そこで、返済途中ではあるけれども、返済額を変更することはできないのかという問題が浮上するのです。

結論から言えば、任意整理後の返済途中でも返済額を変更することはできます。

まず、借金の契約では繰り上げて返済することができますが、債務整理をしてもそれと同じく繰り上げ返済が可能です。

一方の返済額の減額については、きちんとした理由があって債権者側と交渉できれば承諾してもらえるかもしれません。

承諾してもらえれば、毎月1万円ずつ返済していたのを毎月5000円に減額してもらうということもできるでしょう。

どれだけ減らすことができるかは、債権者側の意向や交渉の結果にもよります。

ここについては、はっきりといくら減額できるとは言えませんが、交渉が上手くいけば大きく減額してもらえる可能性もあるかもしれません。

しかし、返済額の減額については、気を付けなければならないことがあります。

それは、毎月の返済額が減少するということは、全ての借金を返済し終わるまでの期間が長引くということです。

借金の額が減るわけではないので、当初よりも返済という負担を背負う期間が長くなります。

毎月少しずつ返せば良いから問題ないと捉えることもできますし、ずっと返済し続けるのは大変だから避けようという結論を出すこともできます。

これは人によって感じ方や考え方が違うので、どちらが良いとは言えません。

もしどうすれば良いかで悩んだら、なるべく早めに弁護士に相談するようにしましょう。