債務整理をすると転職に影響はあるの?

債務整理をすると、仕事に大きな影響が出てしまうのではないかと心配になるかもしれません。

ネット上でも、会社をクビになるのではないかという心配や、転職で失敗するのではないかという不安の声をよく聞きます。

このように心配する気持ちは分かりますが、実はそのような心配をする必要はありません。

基本的には、債務整理をしたことが直接仕事に影響するということはないのです。

しかし、自己破産をする場合には気を付けなければなりません。

そこで、ここでは債務整理は転職に影響があるのかについて見ていきます。

○一部の企業には転職が難しくなる

まず、債務整理をすると、そのことが事故情報としてブラックリストに載ることになります。

ブラックリストと聞いて良いイメージを持っている人はいないと思いますが、それも影響してか間違った認識をされていることがよくあります。

債務整理をした情報は確かにブラックリストに掲載されますが、それは直接債務者の生活には影響してきません。

つまり、普通に今住んでいる家で生活しながら、スーパーで買い物をしたり仕事に行ったりと普段通りの生活を送ることができるのです。

このように、普段の衣食住には一切影響してこないのがブラックリストですが、ローンを組むときやクレジットカードを作る時には影響があります。

ローンを組んだりクレジットカードを作ったりする時には、必ず審査が行われます。

審査をする時には、ブラックリストの情報がチェックされることになります。

ブラックリストに情報があれば何か問題があったということですから、審査には通らずローンや新しいカードの利用ができません。

そのため、買い物であれば現金で支払うなど、一部の制約を受けることになります。

さて、このような審査の場面ではブラックリストのチェックが行われるということでしたが、その他の場面では勝手に公表されるということはありません。

つまり、債務整理をしたという情報については、一般人には見られることがないということです。

会社の人や知人などがブラックリストを見ようとしても、債務者本人でなければ情報の開示はできませんので、転職にも影響はないということになります。

しかし、この転職に影響がないというのは、全ての会社や職業への転職ではありません。

会社で言えば、ブラックリストを閲覧できる機関や、債務整理をした企業には転職が難しくなるでしょう。

また、それらの企業にグループ企業があるのであれば、そこにも転職するというのは難しいと考えられます。

代表的なものは、銀行やクレジット会社、カード会社、消費者金融といったお金の融資に関する所です。

このようなお金を扱う企業では、信用力が非常に重視されます。

特に、銀行ではかなり重視されると考えて良いでしょう。

そのため、ブラックリストの情報を確認して、本当に雇っても大丈夫かがチェックされます。

また、過去にその企業に対して債務整理をしたことがある人は、ブラックリストとは別に企業の内部でデータを保存していることがあります。

ブラックリストは一定期間経てば消えますが、このデータはずっと残り続けることになります。

そのため、ブラックリストから情報が消えたからと言って、その企業に転職が可能になるということにはならないのです。

ここまでを見て分かるように、一部の企業は転職が難しいものの、それ以外の多くの企業については転職が可能です。

つまり、債務整理でブラックリストに載るからといって、転職先の企業選びにはあまり影響がないということになります。

それを恐れて債務整理を止めるということのないようにしましょう。

○一定期間だけ一定の職種への転職が制限される

債務整理をすることで、転職先の企業選びにはあまり影響がないということでしたが、職種については少し影響が出る場合があります。

人によって選択する債務整理の方法は違いますが、もし自己破産をするというのであれば転職には気を付けなければなりません。

自己破産をする時には、裁判所に申し立てを行い免責許可決定が下りるのを待つ必要があります。

免責許可決定がなされるまでには、3〜6か月という時間がかかります。

実は、この期間内は、一定の資格についての転職や就職ができないのです。

ただし、免責許可決定が下りた後は制限がなくなるので、転職・就職ができるようになります。

自己破産によって制限される資格は、次の通りです。

・弁護士
・司法書士
・行政書士
・税理士
・公認会計士
・宅地建物取主任者
・生命保険の募集人
・警備員 など

もし上記のいずれかの職種へと転職したいと考えているのであれば、少しの間は転職を我慢することになってしまいます。

ただし、期間制限があるので、一生転職が無理だということではありません。

また、債務整理をする人は、上記いずれかの職種への転職を希望している人ばかりではないでしょう。

そのため、債務整理をすると転職に影響があって困るという人はあまあり多くないと思います。

しかし、このような制限があるのだということを忘れずに債務整理に取り組むことが大事です。