債務整理は配偶者や家族のクレジットカードに影響するの?

妻や子供などの家族がいる人にとっては、債務整理をすることでどのような影響があるかが心配になると思います。

自分のせいで家族に迷惑がかかることは避けたいところですが、債務整理では基本的に影響はないと考えて良いでしょう。

後で詳しく説明していきますが、本人が債務整理をしたとしても基本的に家族には大きな影響を与えません。

特に、任意整理を選択する場合にはこのような心配はあまりする必要はないと考えられます。

しかし、途上与信が行われる場合や同居の家族が自己破産などをしたという場合には、債務整理をしていない家族にも影響が出る場合があるのです。

ここでは、本人と家族について、それぞれが債務整理を行った時の影響について見ていきます。

・配偶者のカードに与える影響とは

まず、本人が債務整理をした時に、配偶者のクレジットカードなどにはどのような影響があるかについてです。

この場合は、配偶者のクレジットカードには何の影響もありません。

そのため、例えば夫が債務整理をした後で妻がクレジットカードを作ろうとした場合には、問題なく審査に通って作成できるということになります。

債務整理をしたのは、この例に関しては夫であって妻ではありません。

債務整理をするとブラックリストに情報が載りますが、これは債務整理をした本人である夫の情報だけです。

つまり、妻の情報はブラックリストを見ても一切載っていないので、審査で弾く理由がないのです。

このような理由から、債務整理をしても配偶者は新しくクレジットカードを作ることができます。

また、債務整理をすると、本人はそのカードが使えなくなりますし、債務整理の対象でなかったカードも、更新時にブラックリストに載っていれば更新できなくなります。

これは、ブラックリストに本人の情報が載っているからです。

そのため、ブラックリストに載っていない配偶者については、その後も全てのクレジットカードを使うことができますし、更新もできるということになります。

以上から分かるように、債務整理をしても、影響を受けるのは本人だけであって、配偶者のカードには何も影響がありません。

配偶者のことを考えて債務整理をためらっている人がいれば、そのような心配はあまりせずに債務整理に踏み切ってみると良いでしょう。

しかし、もし途中で途上与信が行われたときは影響がある場合もあるので注意が必要です。

途上与信とは、クレジットカード発行後に利用状況や返済状況などを審査することを言います。

つまり、カードを発行した後にそのまま放置するのではなく、利用者がどのような利用をしているかを確認することで、延滞発生や不正カードの発見などを早期に行うということです。

本来であれば、配偶者は債務整理をしていないので、ブラックリストを見ても情報は一切見つかりません。

そのため、配偶者は債務整理後もカードを使い続けられるはずです。

しかし、クレジットカード会社が途上与信を行った時には、ブラックリストに情報がない人でも利用ができなくなる可能性があります。

実は、債務整理をしていない配偶者のカードについて途上与信が行われると、住所や電話番号の一致から債務整理をした本人の情報が出てくることがあります。

そうなると、カードを利用している本人の情報はブラックリストにないけれども、関係の深い配偶者はブラックリストに載っているということが分かってしまいます。

情報を見つけたクレジットカード会社は「夫婦であれば一方が債務整理を行うほどに困っていれば助けるはずだが、この夫婦はそれをしていないから、債務整理をしていない方も生活が厳しいのではないか。」と考えます。

このように判断されてしまうと、債務整理をした人の配偶者もカードの利用が止められてしまう可能性があるのです。

このようなケースもあるということは頭に入れておきましょう。

・同居している家族の債務整理には注意

では次に、家族の誰かが債務整理をしていた場合は、他の家族にどのような影響があるかを見ていきます。

債務整理は、周りに知られないように手続きを進めることができるものです。

そのため、自分が知らないだけで、実は家族の誰かが債務整理をしていたということも考えられます。

家族が債務整理をしている場合には、ブラックリストにはその債務整理をした家族の情報だけが載ることになります。

そのため、他の家族がカードを作る場合には影響がないようにも思えます。

しかし、その人と同居している場合には注意が必要です。

例えば、父親が自己破産をした後で、娘が新しくクレジットカードを作ろうとしたと仮定します。

この時、娘がカードの審査に通るためには、債務整理をした人と同居していないことが必要になります。

つまり、大学生の娘が一人暮らしをしており、父とは一緒に住んでいないという状態であれば審査に通るということです。

このような条件を満たしていれば、審査の時には申込者本人である娘の状況だけを見て判断されます。

家族の誰かが自己破産などをしていても、それだけでカードが作れないというわけではないので心配はいりません。