債務整理をすると保証人にはどんな影響があるの?

債務整理は、借金で困っている債務者本人にとっては非常にありがたい手続きです。

しかし、どんなケースにおいても債務整理は良い結果を引き起こすとは限りません。

例えば、借金をする時に保証人を立てていたという場合が挙げられます。

この時、選択する方法によっては、保証人に迷惑をかけてしまう可能性があるのです。

自分の借金のために保証人になってくれた人を、自分の都合で債務整理したことで困らせることはなるべく避けたいものです。

そのため、債務整理をする時には、自分のことだけでなく、保証人のこともしっかりと考えるようにしましょう。

ここでは、保証人がいる場合の債務整理で、どのような影響や問題があるのかを紹介していきます。

・保証人と与える影響について

まず、保証人というのは、債務者が返済できなかったときに代わりに返済することになる人のことです。

普通であれば、債権者はお金を貸してあげた債務者に請求することになります。

しかし、何らかの原因があって債務者が返済できなくなったら、次は保証人に請求が行くということになるのです。

保証人は、普通は債務者の身近な人がなるケースが多くなっています。

例えば、家族や親せき、友人がなってくれることもあるでしょう。

日頃からお世話になっている人であれば、なおさら迷惑はかけないようにしたいものです。

しかし、そうは思っていても債務整理による保証人への影響を知らなかったばかりに、迷惑をかけてしまったということもあります。

保証人を立てて消費者金融からお金を借りることは、通常ではあまり見られません。

また、あったとしても、借金の額がかなり高くなっていることが多いので、債務整理をしたことで保証人が受ける影響は非常に大きなものになってしまいます。

債務者は、自分のせいで保証人の人生が狂ってしまうかもしれないということを考える必要があります。

それをしっかりと考えた上で、保証人にあまり影響のないように債務整理をすることが必要です。

また、債務整理をする前に、保証人にそのことを相談してみるのも良いかもしれません。

一番問題なのは、保証人に迷惑がかかるというのにそれを伝えないということです。

保証人に伝えることができれば、保証人も債務整理をするなどの対策を取ることができます。

どうにもならないということは一切ないので、次の解説を参考にしながらどのような方法を選択するのが良いかを考えてみましょう。

・民事再生と自己破産には注意

それでは、まずはどの方法を用いて債務整理を行うと保証人に迷惑がかかるのかを見ていきます。

債務整理の中でも、民事再生と自己破産を選択してしまうと、保証人に迷惑がかかることになります。

なぜこのような問題が起こるのかというと、この二つの方法は、整理する借金を選択することができないからです。

つまり、民事再生又は自己破産をしようと決めたら、全ての借金を整理しなければならなくなるということです。

そのため、この二つの方法については、保証人を立てた借金であっても債務整理の対象になります。

民事再生又は自己破産の手続きが終了すると、もう本人である債務者はその借金には関与しません。

債権者は、次の狙いを保証人に定めて取り立てを始めることになります。

ところで、自己破産についての知識を少しでも持っている人は、「自己破産をすると借金が帳消しになるから、取り立てが保証人の所へ行くことはないのではないか」と疑問に思うかもしれません。

確かに、借金を帳消しにするので、債務者はその借金から逃れることができますし、その後も返済する必要がなくなります。

しかし、注意してほしいのは、債務者が自己破産をして借金の返済をしなくて良くなったのは、裁判所に免責許可を受けたからです。

免責ということは、「借金の返済義務を免除する」ということですから、なくなったのは債務者の返済義務だけになります。

つまり、借金自体は存在が消えていないので、次はその取り立てが保証人に行くことになるのです。

もし保証人に債務整理をする旨を伝えていなければ、債務整理後は保証人の元へ急に債権者から請求が行くことになるので、驚かせてしまうことでしょう。

事前に話をしていれば保証人も債務整理をして対応することができるので、民事再生又は自己破産をする場合には必ず保証人に伝えるようにしましょう。

・保証人に請求がいかないようにするには?

それでは、債務整理をしても保証人に迷惑をかけない方法はどのようなものがあるのでしょうか。

迷惑をかけないためには、任意整理又は特定調停を選択すると良さそうです。

民事再生と自己破産は、どちらも整理する借金を選択できなかったために迷惑がかかるということでした。

つまり、保証人を立てた借金を対象にしなければ、保証人には迷惑がかからないということです。

任意整理と特定調停は、どちらも整理する借金を選択することができる方法となっています。

整理の対象としなかった借金については、債務整理後もそのまま継続して変わらずに返済を続けることができます。

そのため、債務整理をしていない状態と何ら変わりがないので、保証人に請求が行くことはありません。

民事再生や自己破産でなければならないという状態でなければ、任意整理又は特定調停を選択すると良いでしょう。