債務整理と任意整理の違いは?

テレビや広告など、様々な所で「債務整理」についての情報を見かけるようになりました。

内容はよく分からなくても、そのような手続きがあると知っている人は多いと思います。

債務整理は、借金の返済で頭を悩ませている債務者たちを助ける、法律によってきちんと定められた手続きのことです。

借金で苦しんでいる人たちを救済することができるので、非常に大きな意味を持っています。

・債務整理と任意整理にはどんな違いがある?

この債務整理ですが、似たような言葉として「任意整理」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

共に「整理」という言葉が付いているので、意味は分からなくても何かを整理するための手続きなのだろうなということが分かります。

内容が分かっていないために、債務整理と任意整理を混同して覚えてしまっている人もいると思います。

そこで、ここでは、「債務整理」と「任意整理」とは何かについて見ていきます。

・任意整理は債務整理をする時の選択肢の一つ

「債務整理」は借金の整理を行う手続きのことで、利用することで多額の借金から逃れることができます。

では、いざ債務整理をしてみようと思い、弁護士事務所へ行ったとします。

そこで「債務整理をやりたいです」と伝えてみましょう。

すると、「では、どのような方法で整理すると良いかを検討しましょう」ということになります。

実は、「債務整理」というのは、いくつかある借金の整理方法をまとめた総称を指しているのです。

そのため、債務整理をするということは、いくつかある債務整理の方法から自分に最も適したものを選んで整理するということになります。

債務整理は、全部で5つの方法に分けることができます。

各手続きの名称は、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産、過払い金請求です。

ここで、債務整理と似ている言葉として混同されがちな「任意整理」が出てきました。

実は、任意整理というのは、債務整理の方法の一つなのです。

つまり、「債務整理」という手続きと「任意整理」という全く別の手続きがあるのではなく、「債務整理の方法として任意整理がある」ということになります。

任意整理は、借金を減額することで、将来返済する時の負担を軽くすることができる方法です。

「過払い金があればお金が戻ってくる」という言葉もテレビで目にする機会が増えていますが、任意整理と過払い金の請求を一緒にすることもできます。

今まで払いすぎていた利息があれば、それも将来に渡ってカットされることになるので、借金返済における負担を一気に軽くすることができます。